心筋梗塞の前兆

心筋梗塞には前触れがある

心筋梗塞は突然襲ってくる病気ですが、前駆症状と呼ばれる前兆があります。

 

では前駆症状とはどのようなものなのでしょうか?この前駆症状と呼ばれるものは、人によって異なるもので共通したものはありません。そして前駆症状が現れる人と現れない人もいます。しかし、一般的には以下の様な症状が挙げられます。

 

  • 数日前から数時間前に胸に違和感を感じる
  • 胸が苦しくなる。

 

この胸の痛みですが、心筋梗塞になった多くの方は、「それほど強い痛みではないが、これまでに経験したことのない妙な胸の圧迫感」と訴えています。また、「痛みを放置していたら自然に収まった」と言う共通点もあります。

 

このように、経験したことのない旨の痛みが走った時は無理をしないようにしましょう。少なくとも、激しい運動やハードワークなど体に負担をかけないようにしましょう。また、できれば安全をとって病院へ行き適切な検査を受けましょう。前駆症状を感じた場合、多くは心電図検査を受けると思われますが、この時、心臓になんらかの変化が見られる場合があると言われています。また、加齢、肥満、高血圧、脂質異常症などの危険因子を抱えている人は、心筋梗塞の全長である可能性も高いので一度病院へ行き「胸が痛む」と医師に伝えましょう。

 

注目!

どこから老眼と判断する?