慢性肝臓病

慢性肝臓病とは?

「慢性腎臓病」は、「腎障害」か「腎機能低下」のいずれか、または両方が、一定の期間以上続く状態ことで、2002年にアメリカで提唱された、新しい病気の概念です。この病気の怖いところは、初期状態では、自覚症状がほとんどなく、気がついたときは、すでに末期腎不全になっていて、人工透析を受けなければならなくなってしまうことです。 また、「慢性腎臓病」があると、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなることも分かってきました。「慢性腎臓病」は、自覚症状がないため、自分には関係のない病気と思ってしまいがちです。しかし、現在、日本にいる「慢性腎臓病」の患者は、成人の約8人に1人、1330万人にのぼると言われ、「新たな国民病」とまで言われています。 「慢性腎臓病」は、生活習慣病(高血圧、糖尿病など)や、メタボリックシンドロームとの関連も深く誰もがかかる可能性のある病気です。