心筋梗塞

心筋梗塞で助かる確率は高くなっている、しかし条件も重要だ!

心筋梗塞はある日、突然襲ってくる病気です。そしてこの心筋梗塞は年々増加傾向にあり、その原因は生活習慣病を始めとする脂質異常症、ストレス、高齢化が原因と言われています。心筋梗塞が恐ろしいのは、その致死率の高さに有ります。心筋梗塞の疑いのある場合、何も治療を施さなければ1/3に人が命を落とすとも言われています。

 

このように言われたのも昔の話です。現在の実情では、医療技術の進歩により90%以上の患者さんが助かる時代になっています。しかし、それは「はじめの処置や対応」が大きな条件になります。心筋梗塞ははじめの数時間が極めて重要と言われ、その時の対応や治療法によって退院後の治療にも大きく影響を及ぼします。

 

そして一旦、心筋梗塞にかかった人は退院したとでも合併症に気を配りながら再発を防止することにも気を配らなければなりません。このサイトでは、心筋梗塞についてわかりやすく解説したサイト構成になっています。

 

  • なぜ心筋梗塞になるのか?
  • 心筋梗塞になった時にはどうすればいいのか?
  • 心筋梗塞の危険因子はどのようなものがあるのか?
  • どのような合併症があるのか?

 

など、意外と知られていない内容をわかりやすく解説しております。本サイトが皆様のお役に立てればと思います。しかし、一番重要なことは「心筋梗塞にならない」ことです。生活習慣に不安のある方は、一度見なおしてみてはいかがでしょうか?

 

PR関連サイト

コレステロールを下げるすべて

更新履歴